メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

短時間多量飲酒者の循環器リスクに有望な指標

 2018年02月01日 06:00
プッシュ通知を受取る

 短時間で多量飲酒する若年者はそうでない人に比べ、マイクロRNA21(miR21)が多く発現しているとUniversity of Illinois at ChicagoのShane Phillipd氏らがAlcohol Clin Exp Res2017年12月27日オンライン版)に報告した。miR21は循環器に障害を与えると考えられることから、飲酒者の循環器疾患リスクを測るバイオマーカーとして期待される。また、miR21の働きを阻害すると、飲酒者での血管拡張能が回復することから、飲酒による循環器疾患の治療・予防薬開発のターゲットとしても有望視される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  短時間多量飲酒者の循環器リスクに有望な指標

error in template: found but mtif was expected