メニューを開く 検索を開く ログイン

短時間多量飲酒者の循環器リスクに有望な指標

 2018年02月01日 06:00
プッシュ通知を受取る

 短時間で多量飲酒する若年者はそうでない人に比べ、マイクロRNA21(miR21)が多く発現しているとUniversity of Illinois at ChicagoのShane Phillipd氏らがAlcohol Clin Exp Res2017年12月27日オンライン版)に報告した。miR21は循環器に障害を与えると考えられることから、飲酒者の循環器疾患リスクを測るバイオマーカーとして期待される。また、miR21の働きを阻害すると、飲酒者での血管拡張能が回復することから、飲酒による循環器疾患の治療・予防薬開発のターゲットとしても有望視される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  短時間多量飲酒者の循環器リスクに有望な指標

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12512699 有効期限:12月末まで