メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  無痛分娩の麻酔、担当医に要件...厚労省が安全対策〔読売新聞〕

無痛分娩の麻酔、担当医に要件...厚労省が安全対策〔読売新聞〕

 2018年02月13日 11:46
プッシュ通知を受取る

 出産の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)を巡る事故が相次いで判明したことを受け、厚生労働省研究班(代表者=海野信也・北里大学病院長)は12日、望ましい安全対策をまとめた。麻酔を担当する医師の要件や、緊急時の体制などを示した。

 研究班が示した対策では、麻酔の担当医について、麻酔科専門医などのほか、産婦人科専門医にも認めた。定期的な講習への参加を求めたほか、産婦人科専門医には、麻酔科での研修実績、無痛分娩の経験を情報公開するなどの要件を加えた。

 このほか、緊急時に麻酔の担当医がすぐに駆けつけたり、妊婦をきめ細かに観察したりする体制や、酸素ボンベなど蘇生に必要な医療機器が使える状態で備えてあることなども求めた。

(2018年2月13日 読売新聞)

ヨミドクター

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  無痛分娩の麻酔、担当医に要件...厚労省が安全対策〔読売新聞〕

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512997 有効期限:2月末まで