メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  新型出生前検査、実施施設「拡大」方針を確認〔読売新聞〕

新型出生前検査、実施施設「拡大」方針を確認〔読売新聞〕

 2018年02月14日 16:05
プッシュ通知を受取る

 妊婦の血液で胎児に染色体の病気がないか調べる新型出生前検査について、日本産科婦人科学会(日産婦)の倫理委員会は13日、一部の施設に限り臨床研究として認めていた実施体制を改める方針を確認した。

 早ければ5月にも正式決定し、実施施設の拡大に向け本格的な検討に入る。

(2018年2月14日 読売新聞)

ヨミドクター

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  新型出生前検査、実施施設「拡大」方針を確認〔読売新聞〕

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02513021 有効期限:2月末まで