メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  脳内圧力下げる機器で事故7件...脳出血、意識障害など重篤状態も〔読売新聞〕

脳内圧力下げる機器で事故7件...脳出血、意識障害など重篤状態も〔読売新聞〕

 2018年02月14日 16:00
プッシュ通知を受取る

 脳内の圧力を下げる医療機器の不適切な取り扱いで事故が複数あったため、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が医療者向けに注意を呼びかけている。

 対象の医療機器は「開放式脳室ドレナージ」。脳腫瘍やくも膜下出血などの患者の脳に管を入れて、余分な脳脊髄液や血液を排出するために使われる。

 その際、管の中の圧力を調整するクリップを開き忘れると、液を吸い出す圧力が高まり、脳脊髄液などが過剰に排出されてしまう。

 PMDAによると、こうした事故が2004~17年に7件あり、患者が脳出血や意識障害などの重篤な状態に陥った事例もある。

 PMDAは「機器の仕組みを理解し、正しい手順で使用してほしい」と注意を促している。

(2018年2月14日 読売新聞)

ヨミドクター

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  脳内圧力下げる機器で事故7件...脳出血、意識障害など重篤状態も〔読売新聞〕

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02513023 有効期限:2月末まで