メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠中コルヒチン使用で流産や奇形増加せず

妊娠中コルヒチン使用で流産や奇形増加せず

【海外短報】

 2018年02月24日 06:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 リウマチ性疾患を有する女性の妊娠中のコルヒチン使用による流産や先天奇形のリスク上昇は認められないと、オーストラリアのグループがRheuma­tology2018 57: 382-387)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 妊娠中のコルヒチン使用については議論がある。同グループは、妊娠中のコルヒチン使用の安全性について検討した研究のメタ解析を行った。主要評価項目は流産と先天奇形、副次評価項目は児の出生体重と在胎週数とした。

 解析対象は4研究で、妊娠中のコルヒチン使用に流産の増加や先天奇形との関係は認められなかった。流産の発生は、コルヒチン使用群が非使用群に比べて有意に少なかった。家族性地中海熱(FMF)の患者では、コルヒチン使用群と非使用群で児の出生体重や在胎週数に有意差は認められなかった。

 FMF患者に限らず、妊娠中にコルヒチンを使用した群の児の出生体重や妊娠週数は、非使用の健康女性を含む対照群の児と有意差はなかった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠中コルヒチン使用で流産や奇形増加せず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12513018 有効期限:12月末まで