メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  発症後6~16時間の血栓回収療法で機能改善

発症後6~16時間の血栓回収療法で機能改善

急性期脳梗塞のDEFUSE 3試験

 2018年02月28日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Stanford UniversityのGregory W. Albers氏らは、発症後6~16時間で梗塞していない救済可能な虚血領域が認められる急性期脳梗塞患者を対象に、血栓回収療法(血管内治療)の有効性を検討した多施設オープンラベルランダム化比較試験DEFUSE 3の結果をN Engl J Med2018; 378: 708-718)に発表した。組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)静注療法による標準薬物療法のみを実施した群と比べて、血栓回収療法を追加した群では90日後の機能的転帰が良好であった。なお、中間解析で事前に設定した有効性の限界値を超えたため、同試験は早期中止となった。(関連記事「米・脳梗塞急性期管理GLを改訂」「発症6~24時間後も血管内治療は有効」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  発症後6~16時間の血栓回収療法で機能改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10513224 有効期限:10月末まで