メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

遺伝子治療でβサラセミア患者の輸血が不要に

 2018年05月14日 06:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Northwestern University Feinberg School of MedicineのAlexis A. Thompson氏らは、重症の輸血依存性βサラセミア患者22例を対象に遺伝子治療の安全性と有効性を検討した第Ⅰ/Ⅱ相試験の中間解析結果をN Engl J Med2018; 378: 1479-1493)に発表した。レンチウイルスベクターを用いて遺伝子導入した自家CD34陽性細胞による遺伝子治療で、赤血球輸血量が減少または不要になったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  血液 »  遺伝子治療でβサラセミア患者の輸血が不要に