メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  血液 »  遺伝子治療でβサラセミア患者の輸血が不要に

遺伝子治療でβサラセミア患者の輸血が不要に

 2018年05月14日 06:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Northwestern University Feinberg School of MedicineのAlexis A. Thompson氏らは、重症の輸血依存性βサラセミア患者22例を対象に遺伝子治療の安全性と有効性を検討した第Ⅰ/Ⅱ相試験の中間解析結果をN Engl J Med2018; 378: 1479-1493)に発表した。レンチウイルスベクターを用いて遺伝子導入した自家CD34陽性細胞による遺伝子治療で、赤血球輸血量が減少または不要になったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  血液 »  遺伝子治療でβサラセミア患者の輸血が不要に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10514219 有効期限:10月末まで