メニューを開く 検索 ログイン

「新てんかんGL」薬剤は患者ごとに選択を

部分てんかんの第一選択薬は順位なし

2018年06月12日 06:15

14名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 近年、日本で処方される抗てんかん薬の種類は増加している。患者の背景に合わせた選択が可能になった半面、薬剤選択が悩ましくなった面も否定できない。国際医療福祉大学神経内科教授の赤松直樹氏は、今年(2018年)3月に改訂された日本神経学会の『てんかん診療ガイドライン』(GL)の薬物療法について、第59回日本神経学会(5月23〜26日)で解説。「選択肢は多いが、GLでは患者に合わせた薬剤選択が基本とされた」と述べた。(本文中の薬剤の略語は文末の一覧をご覧ください)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  「新てんかんGL」薬剤は患者ごとに選択を

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで