メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  震災後住環境がダニアレルギー性喘息に関与

震災後住環境がダニアレルギー性喘息に関与

仮設住宅から転出後もリスクあり

 2018年06月13日 06:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 東日本大震災から7年が経過したが、被災者には現在でもその影響によるさまざまな健康リスクが及んでいる。平塚市民病院(神奈川県)アレルギー内科部長の釣木澤尚実氏は、宮城県石巻市の仮設住宅に居住歴がある15歳以上の住民を対象に、喘息の有病率やアレルゲン感作の状況を経年的に調査、分析。震災後の住環境の変化によってダニアレルゲンに対する抗体陽性率が上昇し、仮設住宅から転出した住民にも依然、喘息の発症リスクが存在することを第58回日本呼吸器学会(4月27~29日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

好物の魚は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  震災後住環境がダニアレルギー性喘息に関与

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10514602 有効期限:10月末まで