メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  日本発デバイスでOSAが改善

sleep2018

日本発デバイスでOSAが改善

単群試験でAHI軽減示す

 2018年06月14日 06:20
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 使い捨てタイプの鼻腔挿入デバイス(nasopharyngeal airway stent;NAS、商品名ナステント)は、いびきや閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の改善を目的として、日本で開発された(関連記事)。これまでにOSA患者やいびき症者を対象に国内で実施された小規模研究から、OSAにおける無呼吸低呼吸指数(AHI)の低下やいびきの有意な改善などが認められている。米・Stanford UniversityのClete A. Kushida氏らは、NASの開発に携わってきた筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構主任研究者の佐藤誠氏らと共同で、非ランダム化試験によりOSAに対する同デバイスの有効性について検討。AHIの軽減や高い忍容性などの結果が得られたとして、第32回米国睡眠学会(SLEEP 2018、6月2~6日、ボルティモア)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  日本発デバイスでOSAが改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07514637 有効期限:7月末まで