メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  脊髄小脳変性症の登録システムJ-CATは有用

脊髄小脳変性症の登録システムJ-CATは有用

 2018年06月20日 06:15
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 脊髄小脳変性症(SCD)は、分子レベルの背景に応じて臨床症状が異なる多様な障害から成る疾患群である。治療法の開発においては病型別の自然歴を明らかにする必要があるが、わが国でSCDの自然歴を検討した前向き研究は極めて少ない。このような状況を受けて、SCDを中心とする運動失調症の登録システムJ-CAT(Japan Consortium of Ataxias)が設立された。国立精神・神経医療研究センター神経内科診療部の小田真司氏は、J-CATの現状と有用性について第59回日本神経学会(5月23~26日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  脊髄小脳変性症の登録システムJ-CATは有用

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10514689 有効期限:10月末まで