メニューを開く 検索 ログイン

線香でPDの嗅覚機能障害を評価

2018年07月23日 06:00

3名の医師が参考になったと回答 

PDの嗅覚機能障害を線香でスクリーニング

山崎 幹大 氏 パーキンソン病(PD)患者の代表的な症状として振戦が挙げられるが、より頻度が高い症状とされるのが嗅覚障害である。嗅いだにおいを判別できない「においの識別覚障害」を有する患者は、PD患者全体の約90%に上ると考えられている。東京都健康長寿医療センター神経内科の山崎幹大氏らは、従来法よりも簡便な線香を用いたにおい識別覚検査法を開発し、PD患者を対象としたスクリーニングにおける有用性を検討。その結果を第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ 12、7月5~7日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  線香でPDの嗅覚機能障害を評価

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで