メニューを開く 検索を開く ログイン

線香でPDの嗅覚機能障害を評価

 2018年07月23日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

PDの嗅覚機能障害を線香でスクリーニング

山崎 幹大 氏 パーキンソン病(PD)患者の代表的な症状として振戦が挙げられるが、より頻度が高い症状とされるのが嗅覚障害である。嗅いだにおいを判別できない「においの識別覚障害」を有する患者は、PD患者全体の約90%に上ると考えられている。東京都健康長寿医療センター神経内科の山崎幹大氏らは、従来法よりも簡便な線香を用いたにおい識別覚検査法を開発し、PD患者を対象としたスクリーニングにおける有用性を検討。その結果を第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ 12、7月5~7日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  線香でPDの嗅覚機能障害を評価

error in template: found but mtif was expected