メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  再発膠芽腫に対してウイルス療法が有望

再発膠芽腫に対してウイルス療法が有望

 2018年08月01日 06:10
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 再発膠芽腫(グリオブラストーマ)患者の予後は極めて不良で、診断後の平均生存期間は1年に満たないことが報告されている。こうした中、再発膠芽腫に対する遺伝子組み換えポリオウイルスワクチン(PVSRIPO)投与の安全性を検証した第Ⅰ相試験で有望な成績が得られたと、米・Duke University Medical CenterのAnnick Desjardins氏らがN Engl J Med2018; 379: 150-161)で報告した。再発膠芽腫患者61例を対象とした同試験ではPVSRIPOの神経毒性は認められず、24カ月後および36カ月後の全生存率はヒストリカルコントロール群で経時的に低下していたのに対し、PVSRIPO群ではいずれの時点でもプラトーに達していたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  再発膠芽腫に対してウイルス療法が有望

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09515246 有効期限:9月末まで