メニューを開く 検索を開く ログイン

分子標的薬による心血管障害、予防と対策は?

減量や投与中止も視野に

 2018年08月03日 06:05
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性骨髄性白血病(CML)の予後は、BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害薬(ABL-TKI)の登場により大きく改善したが、長期投与による心血管障害などの有害事象が大きな問題となってきた。同薬による心血管障害の予防と対策について、佐賀大学血液・呼吸器・腫瘍内科教授の木村晋也氏が第16回日本臨床腫瘍学会(7月19~21日、神戸市)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  分子標的薬による心血管障害、予防と対策は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12515351 有効期限:12月末まで