メニューを開く 検索を開く ログイン

レビー小体認知症、認知障害以外も積極治療

 2018年08月09日 06:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 レビー小体型認知症(DLB)は認知機能障害だけでなく、パーキンソニズム、自律神経障害などの非運動症状も見られ、これらも治療標的となる。関東中央病院(東京都)神経内科統括部長の織茂智之氏は第33回日本老年精神医学会(6月29~30日)で、DLBの運動症状と非運動症状について解説、「日常生活動作(ADL)の障害となることから積極的に治療を行うべきだが、認知機能や精神症状を悪化させないことが大切」と治療における基本的姿勢を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  レビー小体認知症、認知障害以外も積極治療

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12515408 有効期限:12月末まで