メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  超高齢者の心合併症予防は体液バランスが鍵

超高齢者の心合併症予防は体液バランスが鍵

透析導患者4,000例超で検討

 2018年09月03日 06:20
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 社会の高齢化に伴い、90歳以上の超高齢者も増加している。現在、90歳以上の透析患者は6,095人(日本透析医学会『図解 わが国の慢性透析療法の現況』)で全患者の1.9%に当たり、20年前の20倍以上に上る。東邦大学医療センター大橋病院腎臓内科診療部長・准教授の常喜信彦氏は、超高齢透析患者の背景や特徴を分析することで、今後も増加が見込まれる超高齢者における心合併症の背景と対策について検討し、第63回日本透析医学会(6月29日~7月1日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療とはサイエンスである。 だがしかし...

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  超高齢者の心合併症予防は体液バランスが鍵

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08515609 有効期限:8月末まで