メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  梅毒、20代女性に流行...男性は20~40代〔読売新聞〕

梅毒、20代女性に流行...男性は20~40代〔読売新聞〕

 2018年10月11日 15:30
プッシュ通知を受取る

 性感染症の梅毒の感染者数が、昨年に続き5000人を超えた。国立感染症研究所(感染研)は10日、今年の報告数が9月30日までに5081人になったと発表。44年ぶりに5000人台となった昨年を上回る勢いを見せている。

 梅毒は性的接触を通じて感染する。現在の流行は男性が20~40歳代、女性は20歳代が中心。性感染症の治療を行うプライベートケアクリニック東京(東京都新宿区)の尾上泰彦院長は「性風俗に関わる職業の女性や客の男性が多い。夫が感染し、妻にうつしたケースもある」と説明する。

 都道府県別にみると、東京1284人、大阪874人、愛知338人、神奈川280人、福岡229人など都市部に感染者が多い。

 梅毒は、感染して約3週間で陰部や口、肛門にしこりができ、その後、手足など全身に発疹が出る。症状は治まったり再発したりを繰り返す。抗菌薬で治療できるが、放置すると脳や心臓などに異常が出る恐れがある。妊婦がかかるとおなかの赤ちゃんにも感染し、死亡することもある。

 感染研細菌第1部の大西真部長は「不特定多数との性的接触は避け、コンドームを使うことで感染リスクは減らせるが、完全ではない。感染が疑われる場合は速やかに検査を受け、感染が分かったらすぐに治療してほしい」と話している。

1810003_pho1.jpg

(2018年10月11日 読売新聞)

ヨミドクター

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  yomiDr. »  梅毒、20代女性に流行...男性は20~40代〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10516604 有効期限:10月末まで