メニューを開く 検索を開く ログイン

化膿性汗腺炎に"生物学的製剤"登場に期待

 2018年10月18日 14:30
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 思春期以降に発症する難治性の炎症性皮膚疾患である「化膿性汗腺炎」。国内では同疾患を適応とする薬剤はなく、治療は対症療法にとどまっている。虎の門病院(東京都)皮膚科部長の林伸和氏は、アッヴィが9月27日に東京都で開催したセミナーで講演し、近い将来、国内で承認が期待される生物学的製剤について「手術前にこの製剤を用いることで、現在より小規模な手術で済む可能性がある。再発率が減少することも期待できる」と展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  化膿性汗腺炎に"生物学的製剤"登場に期待

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12516639 有効期限:12月末まで