メニューを開く 検索 ログイン

なぜ高齢者にインフルワクチンが必要か

サノフィ・メディアラウンドテーブル開催

2018年10月19日 06:10

27名の医師が参考になったと回答 

 国立感染症研究所の調査によると、日本における昨シーズン(2017年9月〜18年4月)のインフルエンザ感染者は2,230万人を超え、1999年の統計開始以来、最高となった(関連記事:「インフルエンザ3週連続で過去最高更新」)。特に免疫力が低下している65歳以上の高齢者では、インフルエンザウイルス感染により入院や死亡のリスクが高く、専門医からはワクチン接種率向上の必要性が指摘されている。9月5日、サノフィが東京都で開催したメディアラウンドテーブルでは、米・Brown UniversityのStefan Gravenstein氏と国立病院機構東京病院の永井英明氏が講演し、高齢者がインフルエンザワクチンを接種する意義などについて説明した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  なぜ高齢者にインフルワクチンが必要か

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで