メニューを開く 検索を開く ログイン

魚を食べると大動脈疾患死予防に?

国内の大規模コホート36万人超をメタ解析

 2018年10月23日 06:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 高齢化が加速する日本では、従来とは違い大動脈瘤や大動脈解離といった大動脈疾患が増えつつある。国立がん研究センターと筑波大学などの研究グループは、国内で実施された8件の大規模コホート研究の参加者36万人以上を対象にメタ解析を行い、魚の摂取頻度と大動脈疾患死亡リスクとの関連を検討。その結果、魚をほとんど食べない人は、大動脈疾患による死亡リスクが高くなることが明らかになったと、Clin Nutr2018年8月16日オンライン版)に発表した。魚の摂取と大動脈疾患死との関連を疫学的に示したのは世界初である。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  魚を食べると大動脈疾患死予防に?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12516678 有効期限:12月末まで