メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  乳がんの第Ⅲ相試験で初! 免疫治療が奏効

乳がんの第Ⅲ相試験で初! 免疫治療が奏効

未治療・進行例へのアテゾリズマブ追加でPFS改善:IMpassion130

 2018年10月26日 17:25
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 切除不能な局所進行または転移性のトリプルネガティブ乳がん患者の一次治療において、アルブミン懸濁型パクリタキセル(nab-パクリタキセル)と抗PD-L1抗体アテゾリズマブを併用することで、無増悪生存期間(PFS)の有意な改善が認められことが第Ⅲ相ランダム化比較試験IMpassion130の結果から明らかになった。トリプルネガティブ乳がんを対象とした第Ⅲ相試験で免疫治療による予後改善が示されたのは初となる。英・Queen Mary University of LondonのPeter Schmid氏らが欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2018、10月19~23日、ミュンヘン)で発表。N Engl J Med2018年10月20日オンライン版)に同時掲載された。PFSは同試験の2つの主要評価項目の1つで、有効性解析(intention-to-treat;ITT)集団とPD-L1陽性のサブグループのいずれにおいてもアテゾリズマブの追加による病勢進行または死亡のリスク低下が認められたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  乳がんの第Ⅲ相試験で初! 免疫治療が奏効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10516735 有効期限:10月末まで