メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  卵巣囊胞には手術より経過観察

卵巣囊胞には手術より経過観察

国際前向きコホート研究IOTA5の中間解析

 2019年02月21日 06:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Shidlovski ※画像はイメージです

 卵巣囊胞は良性でも捻転や破裂、将来の発がんリスクなどが高いとされ、手術による除去が勧められてきた。しかし、欧米14カ国の卵巣嚢胞患者約2,000例を対象とした前向きコホート研究IOTA5(International Ovarian Tumor Analysis Phase 5)の追跡2年の中間解析から、超音波検査で良性に分類された卵巣囊胞は悪性腫瘍、捻転や破裂のリスクが低く、手術よりも経過観察が適していることが示唆された。ベルギー・University Hospitals LeuvenのWouter Froyman氏らが、Lancet Oncol(2019年2月5日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  卵巣囊胞には手術より経過観察

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09518988 有効期限:9月末まで