メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  卵巣がん高精度かつ早期に検出

卵巣がん高精度かつ早期に検出

血中マイクロRNAで診断モデルを作成

 2019年02月25日 06:05
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 卵巣がんは早期発見が困難で予後が悪いことで知られる。国立がん研究センター研究所の研究グループは、血液を用いて高い精度で卵巣がんを検出する診断モデルの作成に成功した。2月13日に東京都で開かれたウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会(代表:内閣官房参与/慶應義塾大学名誉教授・吉村泰典氏)のメディアセミナーで、同センター中央病院婦人腫瘍科科長の加藤友康氏は「実用化にはまだ数年かかるが、この新しい血液検査を既存の腫瘍マーカーと組み合わせて卵巣がんの一次スクリーニングに使用し、超音波による二次スクリーニングを行えば、早期発見と治療成績向上に大いに役に立つ」と期待を表明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  卵巣がん高精度かつ早期に検出

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10519007 有効期限:10月末まで