メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  スポンジ入りカプセルでバレット食道を診断

スポンジ入りカプセルでバレット食道を診断

 2019年03月04日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。


(プレスリリースより)

 バレット食道は食道腺がん(バレット腺がん)の前がん状態とされるが、効果的で信頼できるスクリーニング法はなく、特に患者数が増加している欧米では食道腺がんにより多くの命が奪われている。中国・SunYat-sen UniversityのZhixiong Wang氏らは、ポリウレタンスポンジを内包したカプセル(EsophaCap、写真)が、メチル化バイオマーカーパネルとMethylation on beads(MOB)法との組み合わせにより、バレット食道のスクリーニングツールになりうることを前向き検証試験により示し、Clin Cancer Res2019年1月22日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  スポンジ入りカプセルでバレット食道を診断

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05519293 有効期限:5月末まで