メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  今世紀中に子宮頸がん撲滅は可能

今世紀中に子宮頸がん撲滅は可能

2020~99年181カ国HPVワクチン+スクリーニングの効果

 2019年03月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種と子宮頸がんスクリーニングが急速かつ広範に実施されれば、子宮頸がんは今世紀(21世紀)末までに世界のほとんどの国で公衆衛生上の問題から除外できる可能性がある。オーストラリア・Cancer Council New South WalesのKate T. Simms氏らは、世界181カ国を対象に2020~99年に前述した2つの既存の介入による子宮頸がん撲滅の可能性を数理モデルを用いて検討、その結果をLancet Oncol2019年2月19日オンライン版)に発表した。2020年以降に2つの介入が高率に実施された場合、その後50年間(2069年まで)に最大1,340万例で子宮頸がんが予防できる一方、実施されない場合は4,440万例が子宮頸がんを発症するとみられる。世界規模でこのような推定が明らかにされたのは初めて。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  今世紀中に子宮頸がん撲滅は可能

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05519338 有効期限:5月末まで