メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  進行胃がんに対するFOLFOXの位置付けは?

進行胃がんに対するFOLFOXの位置付けは?

高度腹水または経口摂取不良の腹膜転移例では有望な選択肢に

 2019年03月11日 06:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 進行胃がんでは腹膜転移を有する患者が多く、高度腹水や経口摂取不良を伴う場合は経口薬の服薬が困難となる。日本の切除不能進行・再発胃がんに対する一次治療は経口フルオロウラシル(5-FU)がキードラッグであるため、これらの症例に対する治療選択肢は少ない。がん研有明病院(東京都)消化器化学療法科の大隅寛木氏は第91回日本胃癌学会(2月27日~3月1日)において、高度腹水または経口摂取不良の腹膜転移を有する進行胃がん患者におけるmFOLFOX6療法の安全性と有効性を評価し、一次治療における治療選択肢となりうることを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者への食事指導で何を強調?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  進行胃がんに対するFOLFOXの位置付けは?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09519393 有効期限:9月末まで