メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  皮膚 »  SJS発症リスクとなる遺伝素因を追究

SJS発症リスクとなる遺伝素因を追究

 2019年03月12日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 Stevens-Johnson症候群(SJS)は皮膚・粘膜にびらんと水疱を生じる重症薬疹として知られ、多くが感冒薬の服用をきっかけに発症する。誰もが経験するごく一般的な処方で、なぜこのような重篤な症状が現れるのか。その理由も、同じような処方を受けてSJSを発症する人としない人が存在する理由についてもいまだ不明な点が多い。感冒薬に起因するSJSの遺伝素因について、世界初となる報告を行った京都府立医科大学感覚器未来医療学准教授の上田真由美氏は、角膜カンファランス2019(2月7〜9日)で、重篤な眼合併症を伴うSJSの発症には複数の遺伝子が関与するなど最新の知見について解説した(関連記事:「SJS/TENで重篤な眼後遺症」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  皮膚 »  SJS発症リスクとなる遺伝素因を追究

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10519368 有効期限:10月末まで