メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  発達障害によるビタミンA欠乏症

発達障害によるビタミンA欠乏症

 2019年03月18日 05:00
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 ビタミンA欠乏症(VAD)は夜盲症が先行して現われ、放置すれば眼球乾燥症を来して最終的には失明に至る可能性が高い疾患である。発展途上国では小児の主要な失明原因となっているが、日本で遭遇することはまれである。兵庫医科大学眼科学の薗田直央氏は発達障害に伴う偏食からVADによる角膜混濁を生じた小児3例を経験、詳細を角膜カンファランス2019(2月7〜9日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  発達障害によるビタミンA欠乏症

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10519468 有効期限:10月末まで