メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  日本の異性間性未経験者が増加傾向

日本の異性間性未経験者が増加傾向

30歳代の1割が経験なし

 2019年04月10日 15:55
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 東京大学大学院国際保健政策学教室のCyrus Ghaznavi氏らは、1987~2015年の出生動向基本調査のデータを解析し、日本人全体での異性間性交渉未経験率(以下、未経験率)を推定。その結果、この20年間で異性間性交渉の経験がない成人が増加傾向にあり、30歳代の10人に1人が未経験であることが判明したとBMC Public Health2019; 19: 355)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  日本の異性間性未経験者が増加傾向

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05519759 有効期限:5月末まで