メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  yomiDr. »  70代の認知症「6%減」...政府、25年を目標〔読売新聞〕

70代の認知症「6%減」...政府、25年を目標〔読売新聞〕

 2019年05月17日 13:03
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 政府は16日、認知症対策の新たな行動計画となる「認知症大綱」の原案を有識者会議に示した。予防と共生の取り組みを強化し、70代の認知症の人の割合を2025年までに6%減らすという数値目標を掲げた。来月の関係閣僚会議で大綱を正式決定する。

 大綱は、介護なしで日常生活を送れる「健康寿命」を延ばし、社会保障費を抑える狙いがある。団塊の世代が75歳以上となる25年までの取り組みを打ち出そうとしている。

 認知症予防には、適度な運動や社会的孤立の解消が役立つとみて、運動教室や教育講座などに力を入れるよう自治体に働きかける。予防に効果があるとされるサプリメントを認証する仕組みも検討する。こうした対策を講じることで、70代の認知症の人の割合を19年からの6年間で6%減らす。70代前半は3.6%から3.4%に、70代後半は10.4%から9.8%に低下させることを目指す。

 国の認知症対策はこれまで、15年の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」に基づき、認知症の人との共生に力点を置いてきた。今回、取り組みを認知症予防との2本柱としたうえで大綱に格上げする。

(2019年5月17日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ランキング

  1. 1

    学会でのSNS活用、日循の狙いとは

  2. 2

    スタチンで大腸がん死リスク低下

  3. 3

    【仲田和正】骨粗鬆症治療薬の使い方

  4. 4

    オキシトシン、反復投与でも効果を確認

  5. 5

    CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

  6. 6

    日光浴がアトピー性皮膚炎を予防?

  7. 7

    わずか16分の寝不足で仕事に悪影響

  8. 8

    赤い精液! 患者には衝撃の血精液症,自然史が明らかに

  9. 9

    日本プライマリ・ケア連合学会(10)

  10. 10

    地中海食は食べても太らない?

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    あの難病にメトホルミンが有効?

  2. 2

    高血圧に尿酸降下薬は"推奨できない"

  3. 3

    CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

  4. 4

    死を招く食習慣の組み合わせ

  5. 5

    有名なあの鎮痛薬に脳卒中リスク

  6. 6

    迷走するコレステロール・卵論争

  7. 7

    『高血圧治療ガイドライン2019』発表

  8. 8

    アルパカ由来CAR-T療法が有望

  9. 9

    【仲田和正】骨粗鬆症治療薬の使い方

  10. 10

    やはり危険? 市中肺炎にブロード抗菌薬

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  yomiDr. »  70代の認知症「6%減」...政府、25年を目標〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05520191 有効期限:5月末まで