メニューを開く 検索を開く ログイン

薬剤耐性痤瘡桿菌の減少に挑む

 2019年06月24日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 薬剤耐性菌が世界的な問題となっており、対策を取らなければ、2050年には薬剤耐性菌感染症による死亡者数はがんの死亡者数を上回るといわれている。厚生労働省は2016年に薬剤耐性(AMR)対策アクションプランを発足、2020年までに抗菌薬の使用量を3分の1に減らすことを目標としている。皮膚科領域も例外ではなく、明和病院(兵庫県)皮膚科部長/にきびセンター長の黒川一郎氏は、第118回日本皮膚科学会(6月6~9日)で薬剤耐性痤瘡桿菌の減少に向けた対策を提示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  皮膚 »  薬剤耐性痤瘡桿菌の減少に挑む