メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  yomiDr. »  京大iPS研とディオール「肌の老化」共同研究〔読売新聞〕

京大iPS研とディオール「肌の老化」共同研究〔読売新聞〕

 2019年09月13日 13:23
プッシュ通知を受取る

 京都大iPS細胞研究所は12日、仏高級ブランド「ディオール」の化粧品を扱うパルファン・クリスチャン・ディオールと共同研究を始めたと発表した。iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、肌が老化する仕組みや原因を調べる。同研究所が海外の化粧品メーカーと共同研究を行うのは初めて。

 今回の共同研究は、ディオール側が同研究所に持ちかけた。若者から高齢者まで様々な年齢層の人のiPS細胞から皮膚の細胞を作り、年齢ごとの細胞の性質を調べて加齢がどう影響するかなどを研究する。将来的にディオール側は、皮膚を長く若々しい状態に保つための製品開発を視野に入れている。

(2019年9月13日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

第4次安倍第2次改造内閣発足

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  yomiDr. »  京大iPS研とディオール「肌の老化」共同研究〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09521539 有効期限:9月末まで