メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  yomiDr. »  和田アキ子さん「目は大事。カンペが見えないと死活問題」加齢黄斑変性などの経験も語る...目の愛護デーに〔読売新聞〕

和田アキ子さん「目は大事。カンペが見えないと死活問題」加齢黄斑変性などの経験も語る...目の愛護デーに〔読売新聞〕

 2019年10月10日 17:46
プッシュ通知を受取る

 10月10日は「目の愛護デー」。都内で開かれた人生100年時代の目の健康を目指すプロジェクト「VISION 100」の発表会に歌手の和田アキ子さんが登壇し=写真=、「健康を気にするシニアも目にはあまり関心がない。近くも遠くも見えにくくなったのを年のせいにしないで、目の健康を大切にしてほしい」と語った。

 発表会は、製薬会社のノバルティス・ファーマ(東京)が、東京・港区の八芳園で開催。「VISION 100 広報大使」に任命された和田さんは、東京女子医大の飯田知弘教授(眼科)らと対談。「加齢黄斑変性や白内障のほか、去年は眼瞼(がんけん)下垂の手術も受けました。カンペが見えなくなったら死活問題ですから、目は大事なんです」などと自らの体験を話した。

ym1910004_pho.jpg

(2019年10月10日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  yomiDr. »  和田アキ子さん「目は大事。カンペが見えないと死活問題」加齢黄斑変性などの経験も語る...目の愛護デーに〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10521793 有効期限:10月末まで