メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  ワクチンで脳梗塞と認知症を予防・治療

ワクチンで脳梗塞と認知症を予防・治療

 2019年10月23日 14:40
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 非感染性疾患に用いられる自己抗原ワクチンは、抗体効果が長期間持続するため投与間隔が長く、服薬アドヒアランス低下例や治療薬が服用できない患者への有効性が期待できる。大阪大学大学院臨床遺伝子治療学教授の森下竜一氏らが開発したアンジオテンシン(Ang)Ⅱペプチドワクチンは、降圧効果に加え心血管疾患の進展抑制や再発予防作用を有することが動物実験で示されている。同氏は、開発中の脳梗塞および血管性認知症に対するワクチンの進捗状況について、第10回日本脳血管・認知症学会(8月3日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

外出先で和式トイレを使う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  ワクチンで脳梗塞と認知症を予防・治療

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11521720 有効期限:11月末まで