メニューを開く 検索 ログイン

醤油のにおいで上肢の運動機能が向上

脳卒中後の作業療法への応用に期待

2019年10月29日 05:05

7名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 調理中に発生するにおいを嗅ぐと、欲求動機が刺激されてその後の身体活動に影響を及ぼす可能性がある。頭部外傷患者の作業療法の一環として調理療法を導入しているHITO病院(愛媛県)作業療法士で高知大学生理学講座の箭野豊氏らは、食品のにおいが運動機能に及ぼす影響を検討。醤油のにおいによる嗅覚系への刺激で上肢の運動機能が向上するとの結果を、Occup Ther Intern2019年10月1日オンライン版)に発表。水やバラのような香りに向上効果はなく、醤油のにおいに特異的であったという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  醤油のにおいで上肢の運動機能が向上

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD522006 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外