メニューを開く 検索を開く ログイン

受動喫煙防止、抵抗勢力とその対策

 2019年11月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 健康増進法の一部を改正する法律(改正健康増進法)が2018年7月に成立し、2020年4月に全面施行予定である。改正健康増進法では、受動喫煙の防止を図るために不特定多数が利用する施設での喫煙を禁止するとともに、施設管理者が講ずべき措置などについて定めている。同法は従来の努力義務とは異なり、国際標準に一部沿って罰則規定を設けていることが大きな特徴として挙げられる。国立がん研究センターがん対策情報センターがん統計・総合解析研究部部長の片野田耕太氏は、法改正の経緯と健康政策を実現するために疫学が果たす役割について、第78回日本癌学会(9月26日~28日)で報告した(関連記事:受動喫煙で年間1万5,000人死亡)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  受動喫煙防止、抵抗勢力とその対策

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522263 有効期限:12月末まで