メニューを開く 検索を開く ログイン

実験施設の社員、サルから異例の「Bウイルス病」感染...直接の接触なし〔読売新聞〕

 2019年11月29日 15:05
プッシュ通知を受取る

 鹿児島市は28日、医薬品研究開発会社「新日本科学」(本社・東京)の同市内にある動物実験施設で、社員1人がサルとの直接接触で感染する「Bウイルス病」を発症したと発表した。厚生労働省によると、国内で人への感染が確認されたのは初めて。

 Bウイルス病は、サルにかまれたり体液に直接触れたりすることで感染する。潜伏期間は2~5週間で、発熱やまひなどを引き起こし、重症の場合は神経障害が残る。

 同市などによると、社員は実験業務の補助を担当。2月に頭痛や発熱を訴えて医療機関を受診したが原因が特定されず、8月末に別の医療機関で遺伝子検査を受けた。今月上旬に感染が判明し、医療機関が感染症法に基づき市に届け出た。空気感染はなく、市は「感染拡大の恐れはない」としている。市や同社は社員の容体や性別、年齢を明らかにしていない。

 Bウイルス病には、有効な治療薬があるが、人への感染はまれで、世界でも50例ほどしか確認されていない。社員は実験用のサルに直接触れる機会はなく、かまれたりひっかかれたりした痕はなかった。

(2019年11月29日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  yomiDr. »  実験施設の社員、サルから異例の「Bウイルス病」感染...直接の接触なし〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522767 有効期限:12月末まで