メニューを開く 検索を開く ログイン

胃潰瘍の治療薬「ニザチジン」に発がん性物質...一部を自主回収〔読売新聞〕

 2019年12月04日 17:45
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 ゼリア新薬工業(東京都)は3日、胃潰瘍などの治療薬「ニザチジン」の一部を自主回収すると発表した。出荷した製品から、基準を超える発がん性物質が検出された。これまでに大きな健康被害は報告されていないという。回収の対象は、2017年2月~18年12月に出荷された製品の一部。

 厚生労働省は9月、胃潰瘍などの治療薬に発がん性物質が含まれる可能性があるとして、製造販売会社に成分を分析するよう指示していた。

(2019年12月4日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  yomiDr. »  胃潰瘍の治療薬「ニザチジン」に発がん性物質...一部を自主回収〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522851 有効期限:12月末まで