メニューを開く 検索を開く ログイン

パーキンソン病前駆期の動物モデル作製

 2019年12月12日 17:59
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 パーキンソン病(PD)はドパミン神経細胞の変性を主体とする進行性疾患である。診断の時点で既にドパミン神経細胞は半数に減少しているため、発症前(前駆期)に診断し早期に治療を開始する必要性が唱えられてきた。このたび、京都大学大学院臨床神経学教授の高橋良輔氏らの研究グループは、PD前駆期状態を再現した動物モデルを開発したとBrain(2019年12月9日オンライン版)に発表した。今後の治療法開発に役立つことが期待される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナウイルス対策、頼りになるのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  パーキンソン病前駆期の動物モデル作製

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01523235 有効期限:1月末まで