メニューを開く 検索を開く ログイン

循環器学会、新型肺炎で開催中止も視野

今月末までに最終決定

 2020年02月20日 16:30
プッシュ通知を受取る

80名の先生が役に立ったと考えています。

 日本循環器学会は、3月13~15日に京都で開催予定の第84回同学会学術集会について新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を考慮し開催の可否を2月末までに最終決定する方針であることを明らかにした。2月19日に東京都で行われた同学術集会プレスカンファレンスで学術集会会長の木村剛氏(京都大学循環器内科学教授)は、予定通り実施することを前提に準備を進めているとしながらも「会長としては開催したいが、社会的問題でもあるので適切に判断しなければならない。経過を観察しながら2月末までに最終決定したい」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  循環器学会、新型肺炎で開催中止も視野