メニューを開く 検索を開く ログイン

中国の助成を受けたRCTに言語バイアス

ネガティブな結果は英語発表せず

 2020年06月10日 15:34
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Motortion ※画像はイメージです

 近年、中国からの助成を受けたランダム化比較試験(CS-RCT)の発表件数が急増しているが、英語で発表される論文が公正に選択されているかどうかは明らかでなかった。米・Johns Hopkins UniversityのDavid D. Celentano氏らは、臨床試験登録サイトと文献データベースの情報を基に、CS-RCTの結果により発表言語にバイアスが存在するか否かを検討。研究者にとって好ましい結果が得られたCS-RCTは、そうでないものに比べ英語で発表される傾向が強いことなどが分かったとJAMA Netw Open(2020; 3: e205894)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  中国の助成を受けたRCTに言語バイアス

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530556 有効期限:7月末まで