メニューを開く 検索 ログイン

米・ブロスマブを腫瘍性骨軟化症に適応拡大

FDA

2020年06月19日 18:23

1名の医師が参考になったと回答 

 米食品医薬品局(FDA)は昨日(6月18日)、2歳以上の小児および成人の腫瘍性骨軟化症(TIO)の治療薬としてヒト型抗線維芽細胞増殖因子(FGF)23抗体薬ブロスマブの適応追加を承認したと発表した。TIOは、多くは良性とされる腫瘍からリン利尿ホルモンのFGF23が過剰に産生され慢性低リン血症、骨軟化症、筋力低下などを来す難病である。日本では昨年(2019年)9月、TIOを含むFGF23関連低リン血症性くる病/骨軟化症※1治療薬として同薬を承認。既に実臨床で用いられている。(関連記事「FGF23に直接作用、ブロスマブが承認」「【キーワード】FGF23」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  米・ブロスマブを腫瘍性骨軟化症に適応拡大

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで