メニューを開く 検索 ログイン

膝痛患者の37%に慢性広範囲疼痛

スウェーデンでの検討

2020年06月29日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

 スウェーデン・Halmstad UniversityのCharlotte Sylwander氏らは、同国の膝痛を有する患者における圧痛閾値(PPT)と慢性広範囲疼痛(CWP)、変形性膝関節症(膝OA)、肥満の関係を検討した結果を欧州リウマチ学会(EULAR 2020、6月3日からウェブ開催)で発表。膝痛患者のCWP有症率は37%と一般集団よりも高く、PPTが低いとさらに有症率が高くなることが示された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  膝痛患者の37%に慢性広範囲疼痛

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで