メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

原爆被爆者は重複がんが高頻度

広島の高線量被爆者78例における48年間の長期追跡

2020年10月27日 05:10

6名の医師が参考になったと回答 

 広島の原子爆弾(原爆)投下による高線量被爆者に対し、長期追跡が行われている。広島原爆障害対策協議会の鎌田七男氏は、48年の追跡調査結果から高線量被爆者に多く見られた重複がんについて第79回日本癌学会(2020年10月1~3日、ウェブ併催)で解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  原爆被爆者は重複がんが高頻度

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533097 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外