メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

MMR機能欠損検出キットが承認申請

ペムブロリズマブのコンパニオン診断薬としての承認を目指す

 2021年02月18日 13:13
プッシュ通知を受取る

 ロシュ・ダイアグノスティックスは本日(2月18日)、ミスマッチ修復(MMR)機能欠損検出キットの製造販売承認の申請を2020年12月24日に行ったことを発表した。

 今回申請を行ったキットは、がん組織中に発現するMMRタンパク(MLH1、 PMS2、 MSH2、 MSH6)をそれぞれ検出する免疫組織化学染色用の検査キット4製品で、MMR機能欠損を検出し、MSDが販売する抗PD-1抗体ペムブロリズマブの適応患者を選択するコンパニオン診断薬としての承認を目指す。これらのキットは、院内検査として広く実施されている免疫組織化学染色(IHC)法を測定原理とし、ベンタナ ベンチマークシリーズの自動免疫染色装置を用いて検出を行うため、効率的で迅速な結果報告が可能だという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  MMR機能欠損検出キットが承認申請