メニューを開く 検索 ログイン

小児腎症、ステロイドパルスの安全性高い

多剤併用療法との比較

2021年04月27日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

 埼⽟県⽴⼩児医療センター腎臓科の武政洋⼀氏らは、小児のIgA腎症と紫斑病性腎炎(HSPN)に対する初回ステロイドパルス療法(MPT)の有害事象を検討した結果を第124回日本小児科学会(4月16~18日、ウェブ併催)で報告。「初回MPTは多剤併用療法に比べて有害事象が少ない可能性があるため、治療選択肢の1つとして考えてもよい」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  小児腎症、ステロイドパルスの安全性高い

error in template: found but mtif was expected