メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

ソトラシブ、KRAS G12C変異陽性の切除不能進行NSCLCで国内承認申請

2021年04月28日 18:18

1名の医師が参考になったと回答 

 アムジェンは本日(4月28日)、KRAS G12C阻害薬ソトラシブ(開発コード:AMG 510)について、KRAS G12C変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)を予定の効能または効果として、国内で製造販売承認申請を行ったと発表した。今回の申請は、KRAS G12C変異を有する進行NSCLC患者を対象とした、多施設共同単群非盲検第Ⅰ/Ⅱ相試験CodeBreaK 100の結果に基づいたもの(関連記事「sotorasib、KRAS変異NSCLCで深く長期に奏効」)。

 なお、同薬は2021年3月11日付で厚生労働省より希少疾病用医薬品の指定を、米国および中国においてBreakthrough Therapy Designation(ブレークスルー・セラピー指定)をそれぞれ受けているほか、米国、欧州連合(EU)、オーストラリア、ブラジル、カナダ、英国で承認申請を行っているという。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  ソトラシブ、KRAS G12C変異陽性の切除不能進行NSCLCで国内承認申請