メニューを開く 検索 ログイン

コロナへのバリシチニブ、適正使用の要点

結核の再燃や帯状疱疹の出現に要注意

2021年05月14日 05:10

3名の医師が参考になったと回答 

 国立国際医療研究センター国際感染症センター総合感染症科の齋藤翔氏は、5月10日に開催されたオンラインセミナー(主催:日本イーライリリー)で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による肺炎に対する適応追加を取得したJAK阻害薬バリシチニブ(商品名オルミエント)の臨床上の位置付けや適正使用に向けた使用上の注意点などについて解説した。同薬は国内のCOVID-19治療薬としては3剤目。抗ウイルス薬レムデシビルとの併用が必要で、免疫抑制作用により炎症を抑えるため、投与中は結核の再燃や帯状疱疹といった感染症の出現に注意する必要がある。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナへのバリシチニブ、適正使用の要点

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536372 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外