メニューを開く 検索 ログイン

iPS創薬、ALSに有効 1年投与、進行7カ月遅らす―慶応大〔時事メディカル〕

2021年05月20日 16:39

4名の医師が参考になったと回答 

 慶応大の研究チームは20日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って見つけた筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬候補を患者に投与した結果、有効性や安全性が確認されたと発表した。1年間の試験で病気の進行を約7カ月遅らせることができたという。

 ALSは筋肉を動かす指令を伝える神経細胞が死に、全身の筋肉が痩せて歩行障害などが起きる進行性難病。国内患者は約1万人とされる。

 慶応大の岡野栄之教授らのチームは、患者の血液を基に作ったiPS細胞から、病気の状態の神経細胞を作製。さまざまな薬剤を添加した結果、パーキンソン病治療薬ロピニロール塩酸塩に神経細胞の死を抑える効果が確認できたとして、2018年に医師主導の臨床試験(治験)を始めたと発表していた。

(2021年5月20日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  iPS創薬、ALSに有効 1年投与、進行7カ月遅らす―慶応大〔時事メディカル〕

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで